2017.09.25
  • 労働法規

海外で仕事中にケガ!海外出張と海外派遣の労災保険適用の違い

 海外での仕事中にケガ!労災保険が適用される場合とされない場合

この記事における「海外派遣」は、労働者派遣法第23条第4項に規定されている海外派遣とは異なります。おおむね1か月を超えて海外の事業所を派遣先として労働者派遣をおこなう場合、事前に労働局への届出が必要になりますが、労働局への届出と労災保険の適用の可否は別の話であることにご注意ください。

 さて、本題に入ります。国内の事業場で就労していた人が海外での業務に従事する場合、海外での業務は「海外出張」と「海外派遣」の2つに分類されます。ケガや病気になった場合、「海外出張」では労災保険が適用されますが、「海外派遣」では労災保険が適用されません。

「海外出張」と「海外派遣」の違い


 「海外出張」と「海外派遣」の具体例は次のようになります。

 「海外出張」とは、単に労働の提供の場が海外にあるにすぎず、国内の事業場に所属し、国内の事業場の使用者の指揮に従って勤務する場合です。それに対して、「海外派遣」とは、海外の事業場に所属して、海外の事業場の使用者の指揮に従って勤務する労働者またはその事業場の使用者として仕事をする場合です。

 

 海外での業務が「海外出張」と「海外派遣」のどちらに当たるかは、勤務の実態によって総合的に判断されますが、主に「指揮命令系統が国内にあるか?もしくは国外にあるか?」によって決まります。指揮命令系統が国内にある場合は労災保険が適用される「海外出張」と判断されやすく、指揮命令系統が国外にある場合は労災保険が適用されない「海外派遣」と判断されやすいです。

 

 「海外出張」と「海外派遣」は、海外滞在期間の長短できまるわけではありません。たとえ短期間の海外業務であっても、状況によっては「海外派遣」と判断され、労災保険が適用されない可能性があります。

海外の事業所を派遣先として労働者派遣をおこなう場合


 海外の事業所を派遣先として労働者派遣をおこなう場合、「海外出張」と「海外派遣」のどちらに該当するかはケース・バイ・ケースで判断が難しいので、事前に労働基準監督署に相談することをおすすめします。前述の通り「海外派遣」に該当する場合、労災保険の適用がありません。万が一の事故に備えて、民間保険へ加入をしておいたほうが安心です。

photo Nakamiya_s
Profile
社会保険労務士法人ユアサイド 代表社員
中宮 伸二郎(なかみやしんじろう)
立教大学法学部卒業後、社会保険労務士となる。2001年西崎労務経営事務所入職。07年社会保険労務士法人ユアサイドを設立。企業の人事労務相談、雇用管理改善指導を行う。労働法に関する助言を通じて、派遣元企業、スタッフ双方に生じやすい法的問題に精通。07年より「派遣元責任者講習」の講師としても活動している。

"人材サービス"に役立つ情報をゲット!

派遣業界のトピックスから労務法規、スキルアップ、仕事効率化などのASPEXブログの最新投稿、業界で旬な話題を深堀するフリーペーパー「Digi新聞」発刊時のお知らせ、各種セミナー情報など、人材サービスに関わる人たちに"ハッケン"をお届けします。