2016.10.02
  • 労働法規

平成28年版 労働経済の分析

厚生労働省は去る9月30日に平成28年版労働経済の分析(分析テーマは誰もが活躍できる社会の実現と労働生産性の向上に向けた課題)を公表致しました。

「労働経済白書」は、雇用、賃金、労働時間、勤労者家計などの現状や課題について、統計データを活用して経済学的に分析する報告書で、今回で68回目の白書となります。

 平成28年版では、少子高齢化による供給制約の克服に向け、労働生産性の向上や希望する方が就労などにより活躍できる環境整備が必要であるとの認識のもと、「誰もが活躍できる社会の実現と労働生産性の向上に向けた課題」と題し、方策について分析を行いました。

 

「平成28年版 労働経済の分析」本文はこちらからhttp://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/roudou/16/16-1.html