2017.03.16
  • 労働法規

ワークルール検定 春の初級・中級検定
申込受付を開始

日本ワークルール検定協会は3月13日より、ワークルール検定2017年春(初級・中級)の申込を開始しました。

受検の申込は3月13日から5月13日までとなっております。

ワークルール検定の意義

 「ワークルール」とは、働くときに必要な法律や決まりのことです。

いま、職場でワークルールが守られない場面が多くなってきています。グローバル化による企業間競争の激化や労働法の規制緩和、働き方の多様化などが進行しているにもかかわらず、労働者にも使用者にもワークルールの知識が乏しいためです。
 知識が欠如している原因としては、ワークルールを知る機会が少ないことがあげられます。高校や大学で適切な教育がなされず、また、職場でもワークルールについて話し合ったり、ルールの適用について相談する機会もあまりないのが現状です。
 このような状況のなかで、ワークルールを知りたいというニーズは確実に広がっています。リストラや労働条件の引き下げから自分や仲間を守るために、ワークルールの基礎知識はとても役に立ちます。また、企業にとっても、コンプライアンスを守り、働きやすい職場環境をつくるためにはワークルールの知識は欠かせません。
 それら知識の獲得を応援・支援するのが、この「ワークルール検定」です。

「ワークルール検定」5つの特徴

1.いつでも誰でもチャレンジできる

正社員はもちろん、学生、パート、アルバイト、派遣社員、そして管理職など、誰でも受検できる自由な検定制度です。

2. 自分の知識レベルを客観的に評価できる

一人で学習するだけでなく、検定を受けることで知識の程度や欠点もわかり、自分なりの目標設定ができます。

3. 知識レベルを効果的に深められる

初級から中級への進級、また、講習会を受講することで、知識を効果的に得ることができ、さらに知識レベルを深めることができます。

4. 職場や家庭で気楽に話題にできる

働くときに必要ですぐに役立つさまざまな問題を取り上げるので、堅苦しくならずに、職場や家庭で気軽に話題にできます。

5. 資格と連動できる

知識や能力を客観化・外部化する検定は、組合や企業、社会の資格と連動させることができます。
Set of diverse business people isolated on white background. Different nationalities and dress styles. Cute and simple flat cartoon style.
Profile
株式会社アスペックス
ASPEXブログ編集部
人材サービス業界歴20年の編集長を筆頭に、ユーザ会「Digi倶楽部」、各種セミナーの開催、フリーペーパーの「Digi新聞」の発刊につづき、ブログの運営も始めました。業界の活性化、発展を願いながら、みなさんに”ハッケン”をお届けすべく、専門家の協力も得ながら、記事投稿続けていきますので、応援よろしくお願い致します!

"人材サービス"に役立つ情報をゲット!

派遣業界のトピックスから労務法規、スキルアップ、仕事効率化などのASPEXブログの最新投稿、業界で旬な話題を深堀するフリーペーパー「Digi新聞」発刊時のお知らせ、各種セミナー情報など、人材サービスに関わる人たちに"ハッケン"をお届けします。