2017.04.17
  • 労働法規

年金の受給資格期間の短縮 25年から10年へ

平成29年8月1日から年金の受給資格期間(老齢年金を受け取るために必要な期間)が25年から10年に短縮されます。納付した保険料に応じた給付を行い、将来の無年金者の発生を抑えていくということが年金の受給資格期間の短縮の目的です。

 

これまで老齢年金を受け取るためには、国民年金の保険料を納めた期間や厚生年金に加入していた期間である保険料納付済期間や障害などの理由で国民年金の保険料を免除されていた期間である保険料免除期間などをあわせた期間、年金の受給資格期間が25年以上必要でしたが、平成29年8月1日から10年に短縮されます。これにより新たに約40万人が老齢年金の受給権を得る見込みです。

平成29年8月1日時点で、年金の受給資格期間が10年以上25年未満の方には以下のスケジュールで年金を受け取るための書類が、日本年金機構から送付されています。

        生年月日     送付の時期
 大正15年4月2日~昭和17年4月1日  平成29年2月下旬~3月下旬
 昭和17年4月2日~昭和23年4月1日  平成29年3月下旬~4月下旬
 昭和23年4月2日~昭和26年7月1日  平成29年4月下旬~5月下旬
 昭和26年7月2日~昭和30年10月1日【女性】
 昭和26年7月2日~昭和30年  8月1日【男性】
 平成29年5月下旬~6月下旬 
 5  昭和30年10月2日~昭和32年8月1日【女性】

 大正15年4月1日以前生まれの方

 共済組合等の期間を有する方

 平成29年6月下旬~7月下旬

この記事をご覧なられている方で、年金の受給資格期間の短縮により新たに年金を受け取れるようになるという方は少ないと思いますが、ご両親やご兄弟などご家族が該当しているかも知れません。新たに年金を受け取る権利が発生しても、年金事務所で年金の請求手続きをしないと、年金は受け取れないのでご注意ください。

 

会社の実務に対する影響として、これまで国民年金の未納期間が多く、年金の受給権が発生しないことを理由に社会保険加入を拒否していた従業員に対する説得材料になります。

 

photo Nakamiya_s
Profile
社会保険労務士法人ユアサイド 代表社員
中宮 伸二郎(なかみやしんじろう)
立教大学法学部卒業後、社会保険労務士となる。2001年西崎労務経営事務所入職。07年社会保険労務士法人ユアサイドを設立。企業の人事労務相談、雇用管理改善指導を行う。労働法に関する助言を通じて、派遣元企業、スタッフ双方に生じやすい法的問題に精通。07年より「派遣元責任者講習」の講師としても活動している。

"人材サービス"に役立つ情報をゲット!

派遣業界のトピックスから労務法規、スキルアップ、仕事効率化などのASPEXブログの最新投稿、業界で旬な話題を深堀するフリーペーパー「Digi新聞」発刊時のお知らせ、各種セミナー情報など、人材サービスに関わる人たちに"ハッケン"をお届けします。