CASE12 株式会社フジキャリアデザイン様

株式会社フジキャリアデザイン 代表取締役社長 石丸省一郎様 人・システム・ビジネスをつなぐ、派遣業界の情報交換会「Digi倶楽部」

株式会社フジキャリアデザイン 様

フジキャリアデザイン様は、メディアグループならではのきめ細かな対応能力と法令遵守の姿勢をもとに、ひとりひとりのキャリアデザインを通して、幸福を実感できる社会づくりに貢献されています。すべての人の可能性を信じ、キャリアアップに最適な方法を一緒に追求し、皆様に最大限能力を発揮できる場を創ることで、企業の発展と希望溢れる社会づくりに貢献することを会社の使命とされています。

ITインフラ整備、特に勤怠管理は必須 DigiSheetの選択は信頼関係と実績から


私は現在、「Digi倶楽部」の代表幹事をしています。きっかけとなったのは、もちろんデジシートの導入でした。
業務効率化を推進するうえで、ITインフラ整備は必須です。
特に感じるのが勤怠管理。適正な労務管理は、きちんとした勤怠管理があってこそ成り立ちます。 デジシートは他システムとのデータ連携ができたり、収集データの組合せが変更できたりと、「柔軟性」があるのが良いですね。

また、アスペックス社に対する信頼感というのも、導入の大きな理由のひとつです。
フジテレビではアスペックス社の親会社であるビーコンIT(現ユニリタ)から様々なシステムを導入活用しており、長いお付き合いをしています。ビーコンIT(現ユニリタ)のシステムが優れてしっかりしたものだということは、以前から周知していました。そのつながりからアスペックス社の実績についても良く知るようになりました。
長年培ってきた信頼関係があり、知っている会社だからこそデジシートを導入したとも言えます。

導入効果については、業務効率化はもちろんですが、デジシートの労基法遵守のための機能が非常に役立っています。労基法管理が自動的に行われるということは、自分たちの目配りが届かないところも確認でき、安心です。

業界共通の課題について本音で語り合える場


Digi倶楽部は、アスペックス社が提供する「DigiSheet」ユーザーを会員とする、派遣業界の情報交換会です。業界共通の課題や各社の問題点について解決方法を探り、ユーザー会員相互の利益を図ることを目的としています。
あくまで主体はユーザー会員です。アスペックス社は会場の提供やゲストスピーカーの招致、事務局など裏方に徹してくれています。
経営層から現場の実務担当者まで、誰もが自由に参加でき、派遣企業が抱える課題についてそれぞれの立場で活発な意見交換ができる。こういう場があるのは本当に貴重です。同業者が集まり、本音を話せる場というのはなかなかありませんからね。

今回開催されたDigi倶楽部のテーマは『労働者派遣法の改正について』でした。
今度の改正は初めての事業者に対する規制であり、昭和61年に労働者派遣法が施行されて以来、派遣業界にとってよりきめ細かい対応が求められます。
改正の施行には十分な準備期間が必要ですが、今回は時間に余裕もない状態です。
この時期に行われたアスペックス社のこの企画は非常に有意義であり、絶好のタイミングでもありました。
開催にあたり、アスペックス社が事前に会員の皆さんへのアンケートを実施しました。法律の解釈や手続きの方法など、多岐にわたる質問が集められました。
講演に法律事務所の弁護士先生をお招きし、これらの質問内容を元に、詳細な講義をしていただきました。
ユーザー会員同士で課題の理解を深め、対応策を本音で語り合えたこの機会は大変貴重でした。
会員の皆様からも高い評価をいただいています。

「キャリアデザイン」の願いは、幸福を実感できるライフプランづくり


「やるべきことは何か」を知る人材の育成


弊社は2012年7月より、フジサンケイ人材センターから「株式会社フジキャリアデザイン」に生まれ変わりました。
キャリア形成の基礎を作る教育、キャリアのスタートとなる就職、研修や転職によるキャリアアップ、退職後の心豊かな生活・・・人生の節目ごとに目標を立ててベストを尽くし、潤いのある人生を送っていただくためのお手伝いをする。
社名のなかの「キャリアデザイン」には、こんな思いが込められています。

自身の就職観やイメージ、「やるべきことは何か」を考える機会を創出することは重要です。
弊社では保育も大切にしたいと思っています。幼少期の保育プログラムの作成や、こどもたちに自然や音楽や芸術を体験させる学習イベントの企画など、将来活躍する人材(こどもたち)の育成を行っていきたいと考えています。 本物に触れること、規律を学び、自然のルールを知ることは、育成に重要だと考えます。
また、学生の研修を行い「就職観の未熟」からの脱却を目指します。学生は就職が決まることがゴールだと思いがちですが、夢や使命を果たす人材になって欲しいですね。
また、若手社員の異業種交流会の開催や、ヒット・クリエイターによるセミナーなども企画していきます。これらはキャリアアップ支援にもつながっていくでしょう。

自分が必要とされているという実感


現在の日本では、定年後も30年近くある計算になります。
長い人生で大切なのは、自分が社会につながっているという実感、自分が必要とされていると感じることだと思います。
シニアの皆様とも、何をもって社会に貢献できるかを検討し合い、より適材適所の雇用機会を確保したいと考えています。

最終的な雇用の確保はもちろんのこと、フジキャリアデザインが一番に考えているのは、「しあわせを実感できるライフプランづくりをお手伝いする」ということです。
弊社のこれからに是非ご期待ください。

「疑問がある」「詳しい資料がほしい」など、
まずはお気軽にお問い合わせください。