2017.03.13

営業支援システムと名刺管理システムを連携

顧客データと名刺画像の自動登録で入力の手間を削減

~ 『GrooForce』×『やさしく名刺ファイリング PRO v.14.0』 ~


クラウドサービス事業を行う株式会社アスペックス(所在地:東京都港区、代表取締役社長:吉田 一也、以下 アスペックス)は、アスペックスが提供する営業支援システム(CRM/SFA)『GrooForce』と、メディアドライブ株式会社(所在地:東京都中央区、代表取締役社長 松村 博、以下 メディアドライブ)が提供する名刺管理システム『やさしく名刺ファイリング PRO v.14.0』との連携を完了し、2017年3月27日(月)に提供開始いたします。

『GrooForce』のメイン画面

連携について

今回の連携で、今まで『やさしく名刺ファイリング PRO v.14.0』で名刺管理をしていた企業での営業支援システム(CRM/SFA)導入を促進することができます。また、『GrooForce』を利用していた企業は、連携機能を利用することで、名刺情報を登録できるようになり、使い勝手が向上いたします。

『やさしく名刺ファイリング PRO v.14.0』の『GrooForce』連携ボタンを選択することで、顧客データと名刺画像が自動登録できるようになるため、名刺情報入力の手間が軽減され、さらに営業活動に専念していただくことができるようになります。

連携にかかる初期費用は、『やさしく名刺ファイリング PRO v.14.0』のライセンスがあれば、『GrooForce』では申請だけで費用は無料です。

サービスの概要

『GrooForce』について

『GrooForce』は、アスペックスが提供するクラウド型営業支援システム(CRM/SFA)で、初期費用無料、2IDまでは月額無料で利用ができる中小企業向けのサービスです。顧客情報を営業の売上アップに最大限活用できるだけでなく、スケジュール管理から利用を開始し、顧客管理、営業プロセス・行動プロセス管理と、活用の幅を広げることができる柔軟性を持っています。また、パソコンからだけでなく、携帯電話から利用できることも特徴です。

『やさしく名刺ファイリングPRO v14.0』について

名刺管理ソフトウェア『やさしく名刺ファイリングPRO v.14.0』は、メディアドライブが開発販売するクライアント用Windows OSにインストールする買い切り型のパッケージソフトウェアです。イメージスキャナもしくは複合機のスキャン機能を使用して名刺の画像を取り込み、OCR(文字認識)で名刺情報をテキスト化、氏名、社名など各項目に自動で振り分け、名刺画像も含めた顧客データベースを作成します。また、インストール型のパッケージソフトでは初めての、独自クラウド訂正サービス(有償)の利用が可能です。

■株式会社アスペックスについて

アスペックスは、課題の本質を捉えた変化に強いITサービスを提供し、お客様のビジネスに寄り添うパートナーです。お客様がより高い次元で最大限のパフォーマンスを発揮できるよう変革と創造をキーワードに「ワークスタイルの変革」を支援し、お客様のビジネスを競争優位に導きます。営業支援システム、派遣会社向け勤怠管理サービスなどを展開しています。今後も、さらに価値の高いサービスを提供し、お客様の業務をIT技術で支援し続けます。

設立  : 2000年6月
本店  : 東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟 29階
代表者 : 代表取締役社長 吉田 一也
事業内容: クラウドサービス提供事業
URL   : http://www.aspex.co.jp/

※記載された内容は予告なく変更することがありますので、予めご了承ください。
※記載された内容は2017年3月現在のものとなります。
※商品の詳細については、両社のホームページをご覧ください。

最新情報をお届けします:

aspex_blog_icon_mail aspex_blog_icon_facebook aspex_blog_icon_twitter aspex_blog_icon_youtube aspex_blog_icon_feed