テレワークとは
人材派遣管理業務だって
テレワークで対応できます!​

人材派遣業で実現するテレワーク
とは?


働き方改革、ワークスタイルの変革などが話題となり、働き方が多様化されてきています。
また、働き方改革関連法も順次施行されることで、大きな流れが起きていることでしょう。
人材派遣業界もその例外ではありません。
しかし、労働時間は短縮しなければならないが、やらなければならない業務は無くならないのも現状です。
そのためには移動時間を削減したり、会議や打ち合わせを効率化したり、さらに利用するシステムは
クラウド化したりとインフラを整備し、いつどこでも業務ができる状況も必要ではないでしょうか。
私たちアスペックスは、人材派遣管理業務をクラウドサービスとして提供しております。

勤務状況をどこでも確認

Web勤怠管理を利用することでスタッフ、承認者、管理者、どこからでも入力、承認、確認作業が可能となります。承認をもらうため、承認するため、勤怠を確認するためなどに出社をする必要はありません。

Web給与明細でどこからでも発行

給与明細発行のために出社する必要はありません。給与データが固まったらデータを入れるだけです。スタッフもどこからでも確認できますので自宅にいなくても給与明細を確認することができます。

勤務表のデータ化はお任せ

紙の勤務表のデータ化をアスペックスに任せることでどこからでも確認することができます。FAXの到着確認やデータ化された情報の確認など社内で行う必要はありません。お手すきのタイミングでどこからでも対応できます。

人材ビジネス業に必要な機能をクラウドで一元管理

アスペックスグループであるビジネスアプリケーション社が提供しているThe Staff-Vがそのままの機能をクラウドサービスにて利用できるようになりました。現場目線の実践的な機能を搭載している当製品を自宅や出先からでも操作することが可能になります。The Staff-Vの詳細な内容並びに価格に関しましてはこちらよりお問い合わせください。

働き方改革推進支援助成金を活用

働き方改革支援助成金を利用することにより導入費用の負担を減らすこともできます。詳しくは厚生労働省のページをご覧ください。

資料請求はこちらから

デモ、お見積依頼など
お気軽にお問い合わせください。